市販薬で不感症に効果のある薬はありますか

悩みの疑問があるキャラクター

不感症を治療する薬は処方薬も市販薬にもありませんが、緩和する薬であれば市販薬でも販売されています。

潤滑ゼリーなどの潤滑剤

不感症の原因が、摩擦による違和感や不快感であるなら、潤滑剤を使うことで改善します。
摩擦が減ることで感度がよくなります。

潤滑ゼリーの中には、性行為に不向きな製品もあるので、医療用として使うことのできる製品を選ぶようにしてください。

女性ホルモンクリーム

女性ホルモン補充薬は処方薬なので市販されていませんが、クリームタイプであれば市販されています。

女性ホルモンのエストロゲンが配合されているので、閉経などでエストロゲンの分泌が不足にて不感症の症状が出ている場合は、これで緩和できます。

ただ薬事法の規制により販売店が限られているため、事前に調べてから購入する必要があります。

美容向けのクリームは効果なし

女性ホルモンクリームには、顔のシワやたるみを改善する美容クリームもあります。
美容クリームはシワの改善にはなりますが、不感症には効果がありません。

女性ホルモンが入っているからと、膣に塗らないようにしてください。

漢方やサプリメント

漢方やサプリメントにも不感症を改善するものがあります。

これらも月経不順などによる女性ホルモンのバランスを整えることが目的となります。
更年期に効果のある漢方やサプリメントであれば、不感症にも効果があるものも販売されていますので、漢方薬専門の薬局で相談してみると良いでしょう。

まとめ

不感症の緩和であれば、潤滑ゼリーや女性ホルモンのクリームが有効です。
ただし販売店が限られますので、市販薬と言えど気軽には購入できません。

不感症の原因によっては、女性ホルモンクリームや漢方での改善は難しいため、これらを試しても効果が感じられない場合は、婦人科などで相談してみましょう。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 不感症の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。