性交痛はプラセンタ注射でも改善されますか

悩みの疑問があるキャラクター

性交痛の原因が、更年期など女性ホルモン(エストロゲン)分泌低下によるものであれば、プラセンタ注射で改善する可能性はあります。

プラセンタ注射とは?

プラセンタとは「胎盤」のことで、医療用のプラセンタ注射はヒト由来のプラセンタエキスを使っています。

プラセンタには、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質、ビタミン・ミネラル・核酸などの栄養素が詰まっていて、女性ホルモンによる不調を改善する効果があります。

サプリメントのプラセンタとはどう違う?

ヒト由来のプラセンタは医療用のみでしか使うことはできません。
そのためサプリメントや美容用のものには、馬や豚などの動物由来のプラセンタが使われています。
動物由来のプラセンタはヒト由来ほど効果はなく、美容目的以外ではあまり効果はありません。

プラセンタ注射はどのような効果がある?

  • アンチエイジング(シワや保湿)などの美肌効果
  • 更年期障害
  • 慢性肝疾患による肝機能障害
  • 乳汁分泌不全

性交痛の原因の1つとして、膣の乾燥があります。
プラセンタ注射を打つことで、膣の潤いを保ち性交痛の改善につながります。

プラセンタ注射の注意点

医療用のプラセンタ注射は、副作用もほとんどなく非常に安全な薬ですが、プラセンタ注射を打つと、献血ができなくなるので注意が必要です。

まとめ

プラセンタ注射でも性交痛は改善します。
更年期障害による性交痛であれば、保険が適用になる場合がありますが、それ以外では保険は適用になりません。

更年期障害の症状も強く出ているのであれば、プラセンタ注射ではなく、女性ホルモン補充治療をする必要がありますので、医師と相談し症状にあった治療法を行ってください。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 性交痛の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。