性交痛

    性交痛について

    性行為の際の挿入時、または挿入後の行為中、行為が終わった後に女性が痛みを感じることを性交痛(医学的には性交疼痛症)と言います。

    性交時に痛みを感じる原因

    膣の入り口付近に痛みがある場合

    • 膣の乾燥や分泌物の低下
    • 更年期など加齢によるもの
    • 精神的なもの
    • 誘発性腟前庭痛
    • 性器ヘルペスなどの病気
    • 膣の入り口に裂傷などの傷
    • 膣炎・膣痙攣(ワギニスムス)

    膣の乾燥や加齢によるものについては、女性ホルモンの分泌が低下していることが原因です。女性ホルモンのエストロゲンが低下すると膣の委縮なども起こるため性行痛がおこりやすいです。また女性ホルモンの分泌が低下していると萎縮性腟炎などの病気にもなりやすく、膣に炎症が起きていると性交時に痛みが伴います。

    膣痙攣(ワギニスムス)は、膣内が痙攣することで筋肉の収縮し膣に痛みが生じます。心理的・精神的要因によるものが多く、膣入り口が収縮するため痛みによりペニスの挿入が難しく、性行為に支障が出ます。

    膣の奥に痛みがある場合

    性交中に膣の奥に痛みがある場合、何らかの病気がある可能性があります。

    • 子宮内膜症
    • 子宮筋腫や卵巣膿腫などの腫瘍
    • 骨盤内感染症

    膣の奥に痛みがある場合は病気が原因であることが多く注意が必要です。

    性交痛の改善や治療法

    女性ホルモンの分泌低下による性交痛の場合

    女性ホルモン(エストロゲン)の補充を行うことで改善します。女性ホルモン補充療法と呼ばれる治療法では、クリームやゲル状の女性ホルモン剤を直接膣へ注入することで、膣周辺を集中的にケアすることができます。

    傷や病気が原因の場合

    性器周辺の異常は婦人科や産婦人科で診てもらえます。性器ヘルペスや裂傷がある場合や、膣の奥に痛みが生じている場合は一度婦人科で検査を行い治療する必要があります。痛みをがまんすると病気が悪化する恐れがあるので、我慢せず婦人科など病院で検査をして下さい。