生理痛

    生理痛とは

    生理痛とは生理の初日から起こる不調のことで、主に頭痛や下腹部痛などに痛みが出ます。
    痛みの出る場所や痛みの度合いは人や場合によって異なり、起き上がれないほどの痛みを伴うこともあります。

    生理痛が起こる原因

    生理痛にはプロスタグランジンという物質が関係しており、生理が起こるメカニズムと深い関係があります。

    生理痛の原因はプロスタグランジン

    生理痛の原因となるプロスタグランジンは子宮を収縮させ子宮内膜を外に排出させる働きをする物質で、生理時には必ず分泌される物質です。
    プロスタグランジンによる子宮の収縮は陣痛の痛みと非常によく似ており、生理が始まった時の腹痛の原因はこの子宮収縮によるものです。

    プロスタグランジンが多く分泌される人は生理痛がひどくなります。

    生理痛の主な症状

    吐き気・下腹部痛・頭痛・腰痛など

    生理痛に関わる病気

    ひどい生理痛は「月経困難症」と呼ばれ、生理の出血が多い場合や生理痛の痛みの度合いがひどい場合には、子宮周辺の病気が関係していることがあります。

    子宮内膜症

    本来子宮内にできる子宮内膜が子宮外でも増殖することで、痛みや出血が起こる病気です。
    根治治療が難しく不妊や子宮体癌などの原因となります。

    子宮筋腫

    子宮内にできる良性の腫瘍です。ほとんどの場合は大きな症状は見られません。

    子宮腺筋症

    子宮内膜症とよく似た病気ですが、子宮腺筋症は子宮内膜に似た組織が子宮筋層内にできる病気で子宮内膜症とはやや異なります。
    子宮腺筋症は子宮の内側ではなく子宮の筋層で増殖し炎症をもたらすため月経過多や生理痛がひどくなりやすいです。

    月経前症候群(PMS)

    生理前に起こる眠気やイライラ、腹痛は「月経前症候群(PMS)」と呼ばれます。生理痛とは異なる病気で、生理痛とは違い精神症状が多く胃腸の調子が悪くなることも異なる点として挙げられます。
    月経前症候群は生理が始まると治ります。

    生理痛の治療と薬

    生理痛は婦人科や産婦人科で治療が可能です。
    生理痛の原因物質のプロスタグランジンの分泌をコントロールするには女性ホルモン剤での治療が有効です。
    また一時的な痛みの軽減策として、痛み止め(鎮痛剤)の服用も効果的です。

    痛み止め(鎮痛剤)

    生理痛がひどい時に直接効果があるのは鎮痛剤などの痛み止めです。
    生理痛の原因であるプロスタグランジンに効果があるのは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)です。
    非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)はプロスタグランジンを阻害するため、生理痛に有効です

    ドラッグストアで買える市販の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

    • アスピリン(バファリンA®など)
    • イブプロフェン(イブ®など)
    • エテンザミド(ノーシン®,新セデス®など)
    • イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイ®など)

    痛みは我慢せず、痛くなり始めたら鎮痛剤を服用しましょう。

    低容量ピル

    女性ホルモン配合の避妊薬として有名ですが、子宮の病気や生理痛の治療にも用いられます。
    低容量ピルには即効性はありませんが、低容量ピルを毎日継続して服用することで女性ホルモンのバランスを整え、プロスタグランジンの過剰分泌を抑制します。
    これにより生理周期が安定し、生理時の出血や痛みが軽減されます。