更年期障害

    更年期とは

    更年期とは閉経の前後5年を指します。
    女性は閉経が近付くと女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下していきます。
    エストロゲンの分泌が低下すると、体には様々な症状が出るようになり、生活に支障が出るようになります。
    これを更年期障害と呼びます

    更年期の期間

    閉経は一般的な平均は50歳前後で、その前後5年の45歳~55歳が更年期です。しかし人によって閉経時期は異なり、早い人では30歳後半から更年期の症状が出ることがあります。30代後半から40歳前半の更年期をプレ更年期と呼びます。

    更年期の症状

    更年期を迎えると次第に生理が不順になり、閉経を迎えるまでの間イライラなどの精神的な症状やホットフラッシュやめまい、頭痛など様々な症状が現れるようになります。

    主な更年期の症状

    イライラ、鬱、眠気、頭痛、めまい、だるさ、動悸、吐き気、関節痛、ホットフラッシュ、のぼせ、腰痛、肩こり、不眠

    更年期にかかりやすい病気

    更年期に入ると脂肪がつきやすくなり動脈硬化や高血圧、高脂血症になりやすくなるなど、生活習慣病とと呼ばれる病気になりやすくなります。

    その他では骨がもろくなる骨粗鬆症もエストロゲンの不足によっておこる病気です。それらにも注意する必要があります。

    更年期症状の治療法

    更年期に発現する諸症状は女性ホルモンのエストロゲンの不足が原因です。
    治療にはエストロゲンを補充する「女性ホルモン補充療法」を行います。
    そのほかではプラセンタ注射や漢方薬による治療や、イライラや鬱、不眠の症状などが出ている場合は、精神安定剤やカウンセリングなどを行います

    更年期症状を緩和する方法

    更年期症状は生活環境の見直しをすることで緩和することができます。

    更年期がひどくなる要因の一つに、ストレスがあります。
    ストレスが積み重なることでイライラや鬱などの精神症状がひどくなる傾向があり、それらを改善するには、ストレスを発散させることが大事です。

    家に閉じこもりきりにならず、外に出るようにしたり、ヨガやストレッチ、ウォーキングなどの軽い運動を始めてみるのも良いです。運動は生活習慣病の予防にもつながります。

    また食事もバランスよく食べることで体調が整いますし、高脂血症や高血圧の予防になります。

    更年期の薬

    漢方薬

    漢方薬は動物や鉱物、植物を用いた薬のことで、複数の成分を調合し様々な種類の薬が作られています。漢方薬は組み合わせ次第で複数の症状に対応できるため、イライラいなどの精神症状から関節痛などの身体症状の治療を一度にすることができます。まだエストロゲンの分泌がそれほど衰えていない更年期初期から閉経後の症状まで対応が可能です。

    女性ホルモン剤(エストロゲン)

    女性ホルモン剤を使った「女性ホルモン補充療法」では、急激に低下していくエストロゲンを一定量補充することで、エストロゲンの分泌低下を穏やかにし、更年期に発現する様々な症状を緩和し改善します。

    女性ホルモン補充療法は更年期の治療で最も効率が良い治療法です。

    女性ホルモンがまだある程度自然に分泌されている間は低容量ピルを使いますが、閉経が近付き女性ホルモンの量が低下してくるとエストロゲン剤を使います

    プラセンタ注射

    プラセンタといえばアンチエイジングや美容が重い浮かびますが、更年期障害の緩和にも効果があります。
    更年期の治療では注射での治療が行われ、更年期初期の治療に良く用いられます。

    また更年期の治療で用いるプラセンタは人の胎盤が原料のため、サプリメント等で使われる動物由来のプラセンタに比べ効果が高い反面、献血を受けられなくなるなどのデメリットがあります。