シワ

    シワとは

    ひとまとめにシワと言ってもその種類や原因はさまざまです。
    ただ、すべてに共通しているのはシワが増えるとそれだけで老けてみえるということです。
    シワができることで顔に影ができ表情も曇って見えてしまいますし、化粧もヨレやすくなってしまいます。

    シワの種類

    乾燥ジワ

    乾燥ジワ

    目元・口元などの皮膚が薄く乾燥しやすい部分にできやすいシワです。
    1本1本のシワはそれほど深くありませんが、細かく複数まとまっとできるためちりめんジワと呼ばれることもあります。

    表情ジワ

    表情ジワ

    笑ったり起こったりなど表情の癖がシワとして定着してしまったものです。
    表情ジワは目尻・おでこ・眉間などにできやすいです。

    表情ジワのできる原因は皮膚ではなくその奥の筋肉(表情筋)のため、外から保湿や美容液を塗っただけでは改善することができません。
    表情筋エクササイズや美顔ローラーなどを効果的に利用して対応していきましょう。

    たるみジワ

    たるみジワ

    老化によりヒアルロン酸・コラーゲンなどの肌弾力を保つ成分が失われ、肌がたるむことでシワが発生しやすくなります。
    ほうれい線・マリオネットライン・ゴルゴ線などと呼ばれるものは全てたるみジワです。

    たるみジワを改善をするには体質改善を行うか、ヒアルロン酸注入などの外科的な施術を行う必要があります。

    シワの予防と対策

    1度できてしまったシワをなかったことにするのは非常に難しいです。
    そのため、今あるシワを完全に無くそうと考えるのではなく、5年後・10年後も今の状態をキープできるように努めるようにしましょう。

    肌の保湿

    シワができる=老けたと直結して考えてしまいがちですが、乾燥ジワは若くても発生する可能性があります。
    対策は非常にシンプルで、肌をしっかりと保湿することです。
    保湿はシワ予防だけでなくニキビやシミなどの肌トラブルの対策としても効果的なため、ぜひ行ってください。

    紫外線に気を付ける

    日中に少しでも外出する機会があるのであれば、夏だけでなく春・初秋なども日焼け止めを塗るのがおすすめです。
    いちいち塗るのが面倒だという人は日傘や帽子などを利用するだけでも構いません。

    紫外線には肌のハリを保つコラーゲン繊維などを破壊する作用があり、肌の老化を促進させることが知られています。
    また、日焼けをすると肌が乾燥しやすくなるため、乾燥ジワもできやすくなってしまいます。

    表情ジワの対策

    表情ジワは表情筋の癖により発生するため、変な癖はつけないように日頃から少し注意して過ごすようにしましょう。
    例えば、視力が悪く目を細める癖がある人はこのままでは目元にシワができやすい状態のため、メガネやコンタクトレンズを使用することで対策できます。

    病院での施術

    深く刻み込まれたシワをどうしても無くしたい!という場合にはプロである皮膚科や美容外科に相談してみましょう。
    ここでは、シワ改善として人気の治療方法をいくつかご紹介いたします。

    注射

    ヒアルロン酸・コラーゲン注入

    肌弾力の衰えたたるみジワはヒアルロン酸やコラーゲンを注入することで改善します。
    注入したヒアルロン酸やコラーゲンはしばらくすると体内に吸収されなくなってしまうため、状態を保つためには数ヶ月毎に通院する必要があります。

    ボトックス注射

    ボトックスとはボツリヌス菌の作り出す毒素をもとにした製剤です。
    筋肉を麻痺させる作用があるため、表情筋の動きを制限することで表情ジワの改善を行うことができます。
    こちらもしばらくすると毒素が無毒化されてしまい効果がなくなってしまうため、数ヶ月1度の頻度で注射を行う必要があります。
    頻繁に打ち過ぎると表情が変わらず不自然になってしまいます。

    プラセンタ注射

    胎盤から抽出したエキスで、いわゆるアンチエイジング効果の期待できる成分です。
    身体の内面から若返らせる効果があるため、美容だけでなく更年期障害や肝機能障害の治療にも利用されています。
    非常に効果の高い施術ですが、献血や臓器提供ができなくなってしまうため注意しましょう。

    フェイスリフト

    皮膚を筋膜ごと引っ張り上げ、そのままの状態で縫い付けることでシワを伸ばす施術方法です。
    目の形などに影響が出る場合があります。

    レーザー治療

    筋肉に刺激を与えることでヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促したり、顔全体を引き締める効果があります。
    比較的新しい施術方法ですが、切開や痛みがなく術後の肌状態も良好なためエステ感覚で治療を受けることができます。

    シワの改善・予防に効果のある成分

    ヒアルロン酸・コラーゲンなど

    化粧品やサプリメントとして市販商品にもよく利用されている成分です。
    しかし、肌に塗ったり飲んだりしてもそのままの形で取り込まれるわけではないため、あまり効果は期待できません。

    プラセンタ

    アンチエイジング効果により、肌を若返らせシワの改善を行います。
    病院でのプラセンタ注射はヒトプラセンタが利用されますが、市販薬では豚や馬など動物のプラセンタが利用されています。

    ビタミンC

    コラーゲン生成を促し肌のハリを取り戻します。
    シミの改善にも効果があります。

    ビタミンE

    抗酸化作用があり、肌老化を防ぎます。
    アーモンド等のナッツ類や穀類に多く含まれています。

    ビタミンA・レチノール

    ターンオーバーを促すことで余計な角質を取り除き、肌のごわつきを改善します。
    肌が薄くなり乾燥しやすくなるため、人によっては逆にシワが増えたように感じる場合もあります。
    シワよりもシミやニキビの治療に向いている成分です。