シミ・肝斑・美白

    シミと美白の基礎知識

    女性なら誰もが1度は憧れるであろう美しい白肌、そしてその大敵となるがシミです。
    美白化粧品の多くは「シミ・そばかすを防ぐ」などと書かれていますが、「予防よりも今あるシミをどうにかしたい!」という人も少なくないはずです。

    シミの種類によって有効な治療手段が異なるため、まずは自分のシミがどのタイプなのかを特定するところから始めてみましょう。

    シミの種類

    日光性黒子(老人性色素斑)

    日光性黒子

    一般的なシミのイメージ1番近いものです。
    老化とともに増加すると考えられていますが、実際には長年の紫外線によるダメージが蓄積しシミとなってあらわれたものです。
    そのため、若い時からしっかりと紫外線対策をしている人であれば、歳を取っても日光性黒子ができるリスクは通常よりも低めです。

    肝斑

    肝斑

    30~40代の女性にできやすい、左右対称な特徴的なシミです。
    ホルモンバランスの変化によりメラニン生成が活性化されることで発生すると考えられています。
    また、ホルモンバランスが再び安定する50代以上になると自然に薄くなり消えてしまいます。

    そばかす(雀卵斑)

    そばかす

    茶色の細かい斑点で、鼻や頬・肩などの紫外線の当たりやすい部分を中心に発生します。
    紫外線を浴びることで増えたり濃くなったりしますが、そばかすができるかどうかは遺伝や体質の影響が大きいと言われています。

    炎症後色素沈着

    炎症後色素沈着

    やけど・けがなどが治ったあとにできる茶色いシミです。
    ニキビ跡も炎症後色素沈着の一種だと言えます。

    こんな症状の場合には…

    • ほくろ
    • あざ
    • 目の下のクマ
    • 扁平母斑・色素性母斑などの生まれつきのシミ

    これらのシミは自力での対処がとても困難です。
    美容外科や皮膚科を受診し、適切な治療を進めてください。
    がん化しそうなほくろや生まれつきのあざ・シミなどについては保険適用内での治療を行える場合もあります。

    治療方法

    メイクで隠す

    もっとも安価で手軽な方法です。
    美白成分を配合しているものやシミ隠しに特化した商品などがあるため、うまく活用してみましょう。

    レーザー治療

    メラニン色素を持つ細胞をレーザー照射で破壊することでシミを消してしまいます。
    術後は正しくケアをしなければ余計シミが悪化してしまう恐れもあるため、必ず医師の指示に従って治療を進めるようにしてください。
    また、肝斑はレーザーの刺激で悪化してしまうため、レーザーによる治療を行うことはできません。

    薬で治す

    シミの治療薬は塗り薬と飲み薬の2種類があります。
    シミの種類によって成分を変えたり、2つ以上の成分を併用することでより治療効果を高めたりすることもあります。

    美白有効成分

    美白有効成分とは、厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効果があることが認められた成分のことです。
    安全性の高い成分は化粧品や市販薬・サプリメントなどにも利用されています。

    美白有効成分は非常にたくさんの種類がありますが、ここでは代表的な5つの成分を紹介いたします。

    ビタミンC誘導体

    美白効果の高いビタミンCを改良し、吸収率をアップさせた成分です。
    メラニン生成を抑制する作用(予防)と、メラニンを還元して無色にする作用(シミ消し)の2つの効果を併せ持っています。

    トラネキサム酸

    医療現場では肝斑の治療に用いられることが多い成分です。

    トラネキサム酸には炎症を抑えるはたらきがあります。
    炎症を起こした部分はメラニン生成が活性化され色素沈着を起こしやすくなっています。
    つまり、トラネキサム酸でメラニンの生成を抑えることで色素沈着を防ぐことができるというわけです。

    ハイドロキノン

    ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれることもあるくらい強力な美白効果のある成分です。
    しかし、ハイドロキノンの凄さはメラニンを還元・無色化するというだけではありません。

    ハイドロキノンはメラニン生成を行う細胞(メラノサイト)にとっては毒となる成分のため、肌に塗布することでメラノサイトを死滅させてしまいます。
    そのため、一度ハイドロキノンでシミ消しをした部分には二度とシミが再発する心配がありません。

    アルブチン

    アルブチンはハイドロキノン誘導体なとど呼ばれることもあります。
    ハイドロキノンと同様にメラニン発生を抑制する作用をもちますが、漂白作用やメラノサイトを死滅させる効果は持っていません。
    そのため、シミ消しよりもシミ予防に使うべき成分です。

    プラセンタ

    アンチエイジングに効くと有名なプラセンタにもメラニン生成抑制作用があることがわかっています。
    また、プラセンタには代謝促進作用があるため、肌のターンオーバーを促進させることで肌に蓄積したメラニンの排出を早める効果もあります。
    美白・シミ取り効果は比較的穏やかですが、シワ・たるみの改善効果もあるため肌のトータルケアを行いたい人には人気の高い成分です。