生理痛の時、バファリンなどの市販の鎮痛剤が効かない時はどうしたらいい?

悩みの疑問があるキャラクター

バファリンなどの市販薬が効かない場合、ロキソニンなどのもっと強い鎮痛剤を処方してもらうことができます。

でももしかすると今飲んでいる鎮痛剤が、生理痛には効果がない成分のものかもしれないので、まずはそれは確かめてみましょう。

生理痛に効く鎮痛剤

鎮痛剤の成分にはいろいろなものがあります。

生理痛に効果のある成分

  • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

生理痛の原因となるプロスタグランジンを抑制する働きがあります。

  • ブチルスコポラミン臭化物

子宮収縮を抑制する成分です。
鎮痛剤に添加されている場合があり、下痢を伴う下腹部痛に効果があります。

「生理痛に効く」と記載のあるものを買う

非ステロイド性抗炎症薬はイブプロフェンやアスピリン、アセトアミノフェンなど様々あります。

どれを買えば良いかわからない場合、パッケージに「生理痛にきく」と記載されているものを買えば大丈夫です。
しかし15歳以下向けの製品や効果がおだやかな製品などもありますので、「よく効く」と記載されているものを購入してください。

ブチルスコポラミン臭化物が入ったものを選ぶ

下腹部痛といった子宮収縮による症状が強い人は、ブチルスコポラミン臭化物が添加された鎮痛剤を使ってみることをお勧めします。

他のメーカーの製品を試す

鎮痛剤はバファリンの他にもたくさんのメーカーが販売しています。
現在使っている製品で効果を感じられなかった場合は、他のメーカーの製品を試してみてください。
メーカーや製品によって成分や配合が変わりますので、試しに他のメーカーの製品を使ってみるのも一つの手です。

それでも効果がなかった場合

強い鎮痛剤を処方してもらう

市販薬よりも強い鎮痛剤として有名な製品が「ロキソニン」です。

ロキソニンも非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一つで、非常に強い鎮痛作用があります。

ロキソニンは第1類医薬品としても販売されているので、薬剤師のいる調剤薬局等で購入が可能です。

月経困難症(PMS)の治療をする

生理痛の症状が酷い場合、月経困難症が疑われます。
月経困難症は、女性ホルモンの分泌を正常化することで改善します。

病院では低容量ピルでの治療の他、漢方薬等を使った治療が行われます。

子宮や卵巣の病気の可能性も

酷い生理痛を伴う病気として、子宮内膜症や子宮筋腫などがあります。
市販の鎮痛剤が効果が無い場合、他に原因がないか検査をしてもらう必要があります。

痛みは我慢せずに治す方向で考えていきましょう。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 生理痛の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。