生理の時にコーヒーや紅茶などカフェインを多く含む飲み物を飲むと、生理痛がひどくなるって本当ですか

悩みの疑問があるキャラクター

生理痛の痛みを引き起こす元であるプロスタグランジンには、血管の収縮作用があり、頭痛や腹痛などの痛みを引き起こします。

カフェインも同様に血管を収縮させる働きがあり、カフェインを摂りすぎると生理痛が悪化する可能性があります。

1日に摂っても良いカフェインの量

飲み物であれば、一日にマグカップ2〜3杯程度

カフェインが入っている食品

  • コーヒー
  • エナジードリンク
  • 眠気覚まし用ドリンク
  • 紅茶
  • 緑茶
  • コーラ
  • ココア
  • 烏龍茶
  • チョコレート

特にコーヒーは紅茶やコーラに比べ、約二倍のカフェインが入っています。
またエナジードリンクや眠気覚まし用ドリンクには、製品によってはコーヒーの倍以上のカフェインが入っているものもあります。

気がつかない間にカフェインを摂りすぎている可能性も

カフェインは普段よく飲んでいる飲料に多く含まれています。

特にコーヒーは毎日飲む人も多く、1日に何杯も飲んでしまいがちです。
それ以外にもご飯の時間にお茶を飲んだり、紅茶やエナジードリンクを飲んでいると、知らない間にカフェインを過剰摂取することになります。

ココアやチョコレートは大丈夫

ココアやチョコレートに入っているカフェインの量は微量です。
ピュアココアや純度の高いチョコレートなど、カカオマスの分量が多いとカフェインの量も増えますが、ミルクココアやミルクチョコレートなど、カカオマスの少ないものであれば気にする必要はありません。

カフェインは摂りすぎなければ飲んでも大丈夫

カフェインには、眠気や疲労感を抑制したり、自律神経を安定させ集中力を高める効果があります。

普段から仕事前や休憩時間に飲むなど、生活にコーヒーを飲む時間が組み込まれている人も多いのではないでしょうか。

たくさん飲みすぎないように気をつければ問題はないので、無理に飲むのを止めることはありません。

生理痛が気になる人はカフェインを控える

カフェインによる生理痛への影響が気になる人は、なるべくカフェインが入っていないものを選び、飲むようにしてください。

また冷たい飲み物は体を冷やすため生理痛が酷くなりがちです。
氷が入った水ではなく、白湯などお腹に優しいものを飲むとより効果的です。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 生理痛の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。