高校生でも飲める、生理痛の薬はありますか

悩みの疑問があるキャラクター

生理痛の薬は高校生でも使うことができます。

高校生でも使える生理痛の薬

生理痛を緩和する薬には以下のような薬があります。
これらは高校生でも服用が可能です。

  • 鎮痛剤(痛み止め)
  • 子宮の収縮を緩和する薬
  • 漢方薬
  • 低容量ピル(経口避妊薬)

鎮痛剤(痛み止め)

頭痛や腹痛、腰痛など痛み全般を緩和します。

生理による痛みをすぐに緩和したいのであれば、市販の鎮痛剤でも効果はあります。
鎮痛剤はドラッグストアでも販売しており、15歳以上の高校生であればジュニア用でないものも使うことができます。

しかし初めて使う時は、体への負担を考え、効き目が穏やかなジュニア用やライトタイプの鎮痛剤を使うことをおすすめします。

子宮の収縮を緩和する薬

下腹部痛が起こる原因となる子宮の収縮を抑制する薬です。
市販薬では鎮痛剤に添加されていることがあります。

漢方薬

漢方薬はドラッグストアでも購入することができます。
生理痛に効果のある漢方薬には様々な種類と効能があり、自分の症状にあったものを選ぶことができます。

  • 桃核承気湯(体力中等度以上・便秘がちな人向け)
  • 桂枝茯苓丸(体力がある人・足冷えする人向け)
  • 当帰薬散(虚弱体質・冷え症で貧血気味の人向け)
  • 加味逍遥散(体力中等度以上・イライラなど症状がある人向け)

低容量ピル(経口避妊薬)

根本的な治療がしたい場合は、低容量ピルが有効です。
低容量ピルは生理のある人であれば、誰でも使うことができます。

低容量ピルは避妊薬として使われている薬ですが、女性ホルモンのバランスを整える作用があり、生理周期をコントロールし生理痛を軽減することができます。

また子宮内膜症の予防にも繋がるなど、避妊や生理痛以外にもメリットのある薬です。

まとめ

まだ生理が始まって間もない高校生くらいの年齢は、まだ女性ホルモンのバランスが不安定で生理痛が出やすい時期でもあります。

てっとり早く痛みを緩和するなら鎮痛剤が効果的です。
しかし生理になると
起き上がれないくらい辛いとか
あまりにも強い痛みがある場合は、
病院で検査をしてもらい、低容量ピルで調整することも検討してください。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 生理痛の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。