生理不順が続き、最近では生理がくると吐き気がするようになりました。何か病気でしょうか。

悩みの疑問があるキャラクター

生理不順は、女性ホルモンのバランスが崩れることで起こるため、生理不順になると吐き気など生理痛の症状が起こりやすくなります。
しかし病気との関連性も無いとは言い切れません。

生理不順と吐き気で考えられる病気

生理痛のひどい状態を「月経困難症」と呼びます。
月経困難症には、特に原因のないもの(機能性月経困難症)と病気によるもの(器質性月経困難症)に分けられます。

生理不順や吐き気の症状の根本の原因が病気によるものであれば、以下のような病気が考えられます。

  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 子宮筋腫

吐き気以外に以下の症状がある場合は要注意

吐き気以外の症状の有無や出血量の変化などによって、緊急性が変わってきます。

  • 生理の出血が以前よりも増えた
  • 生理周期が極端に短くなった
  • 下腹部に痛み、もしくは腰痛が長期間続く
  • 吐き気の症状が長期間続く
  • 性交時に痛みがある

吐き気以外に上記のような症状があれば、子宮内膜症などの病気の可能性がありますので、病院での検査を考えなくてはいけません。

病気以外で生理中に吐き気が起こる原因

生理中の吐き気は、生理痛のなかでは発現頻度の高い症状の一つです。

吐き気は生理痛と同じプロスタグランジンが原因

生理痛の腹痛はプロスタグランジンという痛みを引き起こす成分が過剰に分泌されることで起こるのですが、このプロスタグランジンは、胃腸の収縮もすることから胃腸の不快感の原因にもなっています。

吐き気も同様にプロスタグランジンが過剰に分泌されたことによる症状の一つです。

生理中の吐き気の改善方法

すぐに対処できる方法としては、胃薬や吐き気止めを服用し、安静にしておくことです。
長期的な改善方法としては、経口避妊薬といった低容量ピルを使い、女性ホルモンの分泌を正常化し、生理不順を治すことです。

まとめ

吐き気が短期間で治り、また生理による出血量も通常と変わらないようであれば、心配はありません。

しかし生理周期が極端に短くなっていたり、出血量が多い、また腹痛などの症状もある場合は病気が原因の可能性があります。

婦人科の検査を長く受けていない人は検査を

もし軽い症状であったとしても、久しく婦人科の検査を受けていないのであれば、これを期に受診しましょう。

それまで順調だった生理が不順になり、生理痛の症状がで始めたのであれば、気がつかないところに病巣がある可能性もあります。
問題がなさそうであっても受診し、定期的に婦人科検診を受けましょう。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 生理不順の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。