まだ30代ですが更年期のような症状があります。早くに閉経してしまうのでしょうか

悩みの疑問があるキャラクター

女性の閉経は50歳前後と言われていますが、30歳後半でも更年期の症状が出始める「プレ更年期」になる人がいます。
プレ更年期の場合、早期閉経の心配はありませんが、その症状がプレ更年期によるものではない場合は早期閉経の可能性があります。

30代後半から起こるプレ更年期

30歳後半~40歳前半の更年期を「プレ更年期」と呼び、閉経に向けて徐々に女性ホルモンの分泌が低下し始める時期でもあります。

まだ閉経には遠いけど、閉経する準備に身体が入ったことを意味します。
この場合、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下傾向にあり、女性ホルモンのバランスが不安定になります。

プレ更年期の症状

  • 更年期と同じ症状(イライラ・動悸・ほてり・不眠など)
  • 月経不順

更年期と同じような症状の他、月経不順の症状も出ることがあります。

更年期にさしかかると月経が正常であった人でも、急に月経周期が極端に短くなったり、長くなったりします。
これはエストロゲンの分泌が減少し始めると誰しも起こる現象で、月経周期の長短を繰り返した後、しだいに月経周期が長くなり、生理が起こらなくなり閉経します。

早期閉経の可能性

ただのプレ更年期であれば早期閉経の心配はありませんが、エストロゲンの分泌が急激に低下している場合は、早期閉経の可能性があります。

早期閉経が起こる原因

  • 体質的なもの
  • 遺伝子の異常や自己免疫疾患など病気によるもの

早期閉経の原因として、体質的に閉経が早い以外では、遺伝子異常や免疫疾患など病気によるものが考えられます。

その他では肥満やダイエットなどの急激な体型の変化なども生理が止まる原因です。

早期閉経するか調べる方法

病院でエストロゲンの分泌量を検査をしてください。

エストロゲンの量を調べることで、現在の症状が女性ホルモンによるものかどうかが分かります。
また同時に早期閉経する可能性についても分かります。

症状が他の病気による可能性も

現在発現している症状が更年期によるものではない可能性ももちろんあります。

実際、更年期の症状がで始めたと思い、婦人科で検査をしてもらったが、女性ホルモンの数値にはまったく問題がなかったケースもあります。

とくに甲状腺の病気は症状が幅広く、ほてりや震え、動機や疲れなど更年期の症状に非常によく似たものがあります。

またイライラや不眠などの症状は、精神的な病気が関係していることも考えられます。

まとめ

プレ更年期かなと思ったら、病院で検査をしてもらいましょう。
とくに生活に支障が出ていたり、月経周期に大きな変化があった場合は、病院での検査をオススメします。

早めの検査は病気の特定にもつながりますし、安心にもつながります。

エストロゲンの分泌に問題がない場合でも、女性ホルモンのバランスが不安定になっている可能性もあります。
その場合は漢方薬や経口避妊薬などで治療することで、症状が改善されます。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 更年期障害の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。