男性でも更年期障害はあるのでしょうか。

悩みの疑問があるキャラクター

男性にも更年期があり、更年期障害があります。

40歳を過ぎてイライラしやすくなったり、落ち込みやすくなるなど普段の様子から性格に変化が見られた時は男性更年期を疑いましょう。

人によっては、まるで人が変わってしまったかのように変化が出ることもあります。

男性の更年期

男性更年期はLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)とも呼ばれ、急激な男性ホルモン(テストステロン)の低下によって起こります。

テストステロンは10代〜20代がピークで、本来であれば30歳以降からゆっくりと減少しますが、テストステロンが急激に減少してしまうと更年期障害がでます。

男性更年期の原因

通常はテストステロンの減少はゆっくりなので、更年期の症状が出ない人もいます。

しかし、テストステロンが減少が始まる時期は、ちょうど働き盛りの子育て途中の世代も多く、転職や昇進、退職といった環境の変化など多くのストレスにさらされています。

このようなストレスが悪影響になり、急激なテストステロンの低下につながります。

ストレスは女性も男性も同じく、更年期の症状を悪化させてしまいます。

男性の更年期はいつから?

男性の更年期は40代から始まります。

男性の更年期は、40歳代〜60歳代と言われていますが、早い人で30歳代から症状が出る人もいます。

男性の場合、早くから症状が出る人もいれば70歳以降になってから症状が出る人もいます。

いつまで続く?

閉経という区切りのある女性とは異なり、男性の場合は長く続くことが多いです。

男性更年期の症状

  • ED(勃起不全)などの性機能の低下や性欲の減退
  • ひげがあまり生えない薄くなるなどの体毛の変化
  • イライラや不安、うつなどの精神症状
  • 頭痛やめまい、耳鳴り
  • 不眠などの睡眠障害
  • 集中力の低下
  • のぼせ、発汗、ほてり、動悸
  • 倦怠感や物忘れ
  • 頻尿などの泌尿器の症状

症状には勃起不全などの性機能障害を始めとした身体症状やイライラや不眠などの精神症状があります。性欲減退や集中力の低下、また鬱の症状なども出やすく、更年期障害とは気が付かないまま放置されることも多く悪化しがちです。

EDはうつを引き起こす原因にも

男性の更年期は、男性ホルモンの低下によるものなので、性機能の低下はどうしても起こってしまう症状なのですが、男性にとっては非常に重要な問題です。

EDはうつの症状を引き起こす原因にもなり、うつが酷くなるとまたさらにテストステロンの低下を引き起こします。

EDの治療とうつの治療を並行して行うことで、男性更年期の症状もよくなる可能性があります。

EDは放置すれば悪化してしまいますので、早めに治療を行ってください。

EDは動脈硬化が原因?

EDの原因の中には、動脈硬化によるものもあります。

勃起は血管が非常に重要な役目を果たしています。その血管が詰まることで勃起不全が起こります。

陰茎は心臓などよりも早く症状が出るため、いわゆる早期発見になるので、EDになったら血管系の病気についての心配も必要です。

まとめ

更年期は女性だけではなく男性にも現れます。
それは加齢によるものなので仕方のないことですが、気になる症状があれば泌尿器科で診察をしてもらいましょう。

女性の更年期同様に、きちんと治療をすれば症状は改善しますので、安心してください。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 更年期障害の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。