病院の薄毛治療薬を使った場合、どれくらいの期間で治る?

悩みの疑問があるキャラクター

効果が出るまで最短でも3か月程度かかります

もともとの症状の程度や体質などによって薬の効果のあらわれ方に差があります。
多くの方は投療を開始して3か月~半年程度で毛質の変化や増毛などの効果を実感しているようです。
なかなか効果が出なくても焦らず、最低でも半年は治療を継続し、経過観察を行ってみましょう。

なるべく初期段階での治療がおすすめ

薄毛の症状があらわれても、なかなか治療に踏み切れない人もたくさんいます。
まだ薬に頼るほどではない、まずは髪に良い食べ物や育毛シャンプーなどで対策をしてみよう…
このような方は女性に限らず、男性の薄毛の方にも多いです。

しかし、薄毛をきちんと治したいのであれば、なるべく症状が軽度なうちから病院に相談するようにしましょう。
早期に投薬を開始した方が治療期間が短くて済みます。

ゴール地点をしっかりと決めておく

医師が「もう充分回復しているので投薬はやめましょう」と提案したとしても、患者としてはまだまだ毛量が足りていないと感じており、治療を継続したいということがあります。
その逆に、患者はもう治療はやめたいのに、医師が以前と変わらず薬を処方してきて困るということもあるかもしれません。

薄毛は病気などとは異なり、どうなれば完治したと言えるのか明確な目安がありません。
事前に医師としっかり打合せしておかなければ後々トラブルとなるかもしれません。

治療後の維持の方が大事!

半年ほど治療を継続してやっと発毛効果があらわれても、そこがゴールではありません。
満足して急に治療をストップしてしまうと、再び薄毛の症状があらわれてしまうこともあります。

女性の薄毛の原因はさまざまです。
治療を止めても薄毛が再発しないように、薄毛の原因と考えられるものを極力取り除いていきましょう。

生活習慣の改善で薄毛を予防

若い方の薄毛の場合には、ダイエットによる頭皮の栄養不足・日常生活でのストレス・冷えによる血流不良などが薄毛の原因となっているケースもあります。
生活習慣を正すことで、頭皮環境も良好な状態を維持することができます。

頭皮にダメージを与えない

紫外線やドライヤーの熱風など、物理的なダメージも薄毛の原因となります。
外出時は帽子をかぶったり、日傘を利用するようにしましょう。
髪を乾かす際はしっかりとタオルで水気をふき取り、髪とドライヤーの距離を保つようにすると良いでしょう。

まとめ

薄毛治療は半年以上の長期戦を覚悟しておきましょう。
また、治療終了後も再発予防のために頭皮環境の維持を心がけていきましょう。

お悩み解決度チェック

クリックして評価をお願いします。
←みんなの評価をみる

ピックアップQ&A 薄毛の悩み

質問・感想を送る

お悩みは解決しましたか?疑問・感想など意見をお聞かせください。